植物図鑑・育て方

花・観葉植物・多肉植物・野菜などさまざまな植物の育て方、栽培方法をまとめています。

アサガオ

育て方

アサガオの育て方 – 夏を代表する国民的植物

室温を下げる緑のカーテンや、小学生の観察日記の課題として夏に大活躍のアサガオ。栽培は容易でピンクや青など鮮やかな花を毎朝楽しむことができます。夏を代表するつる性植物であるアサガオの育て方、支柱立てや摘芯といった手入れのコ
エバーフレッシュ

植物図鑑

エバーフレッシュ

エバーフレッシュは熱帯アメリカを原産とするコヨバ属の常緑高木で、細く連なる明るい緑の葉が涼し気でインテリアとしても映えるため観葉植物として人気があります。
ヒイラギ

植物図鑑

柊 ひいらぎ

ヒイラギはモクセイ科モクセイ属に分類される常緑小高木で、鋭い鋸歯を特徴とします。その鋭いトゲが邪気を払うとされ、古くから庭木や生け垣に用いられてきました。節分では柊の枝葉を戸口に立て鬼を追い払う風習が現代も残っています。
ヤツデの葉

植物図鑑

ヤツデ – 日陰に強く植える場所を選ばない

深い切れ込みがある掌状の葉が特徴的なヤツデは日本の固有種で、関東以西の海岸に近い森林などに自生します。花期は11月頃で花の少ない時期のため、多くの虫が蜜を求めてヤツデの花に群がります。
イチョウ

植物図鑑

イチョウ – 紅葉と銀杏が伝える秋の訪れ

イチョウはイチョウ科イチョウ属の落葉樹で、日本全国の公園や街路などに広く植栽されています。秋には黄色く紅葉し秋の訪れを伝えてくれる、私たち日本人には親しみ深い木です。
オオタニワタリ

植物図鑑

オオタニワタリ

オオタニワタリは日本の紀伊半島以南に自生するシダ植物で、単にタニワタリと呼ばれることもあります。茎の先端から広線形の葉が放射状に伸び、中央に落ちた葉などが溜まり肥料となります。
ティランジア ウスネオイデス

植物図鑑

ウスネオイデス

ウスネオイデスは木の枝などに垂れ下がる着生植物で、パイナップル科のティランジア(エアプランツ)の一種です。根付いて固着するのではなく木の枝などに「引っかかっている」状態のまま生育するユニークな生態の植物です。
エスコバリア

植物図鑑

エスコバリア

エスコバリア属は北米・メキシコなどを原産とする小型のサボテンで、流通量の少ないマイナーなサボテンです。直径 1〜5 cm ほどの個体が密集して群生するエスコバリア レーイなどが知られています。
セダム Sedum

植物図鑑

セダム

セダムはベンケイソウ科セダム(マンネングサ)属に属する多肉植物の総称です。セダムは世界におよそ 400 種類があるとされており、耐寒性のある品種はグラウンドカバーや屋上緑化の最適植物としても注目されています。
モクビャッコウ

植物図鑑

モクビャッコウ

モクビャッコウは葉の表面に細かい毛が密生する美しいシルバーリーフが特徴の、常緑性の小低木です。海岸沿いの日当たりのよい隆起サンゴの岩場などに自生し、耐寒性はなく日本では九州南部や沖縄に生息しています。
ペンタス 紫

植物図鑑

ペンタス

ペンタスはアフリカを原産とする熱帯性の多年草です。耐寒性がなく冬越しが難しいため 1 年草として扱われることもあります。小さな星型の花をたくさん咲かせるうえ、開花期も長いため花壇や寄植えとしてもおすすめです。
アベリア ハナゾノツクバネウツギ

植物図鑑

アベリア(ハナツクバネウツギ)

アベリア(ハナツクバネウツギ)は、根本から分岐し頑強な性質で寒さに強く強剪定にも耐えるため、道路沿いや公園などの生け垣によく植栽されています。春~秋の長期に渡って可愛らしい鐘形の白い花を咲かせます。
ケイトウ

植物図鑑

ケイトウ

秋の花壇を鮮やかに彩るケイトウ。作り物かと思うほどカラフルな花は見る人に鮮烈な印象を残します。最近では 12 月まで花期をずらしクリスマスシーズンのアレンジとしても人気があります。
モミジバスズカケノキ

植物図鑑

モミジバスズカケノキ

モミジバスズカケノキはスズカケノキとアメリカスズカケノキの交配種で、一般的に3種をあわせてプラタナスと呼びます。成長が早く樹高30mにまでなり、大きな葉が緑陰を作るため街路樹・庭園樹として広く用いられています。
ヤブラン 紫色の花

植物図鑑

ヤブラン(リリオペ)

ヤブラン(リリオペ)は日本に自生する常緑性の多年草です。耐陰性・耐寒性のある頑強な性質で育つ場所を選ばず、管理が容易であることから庭や花壇のグラウンドカバーとして重宝されます。
カエデ(モミジ)

植物図鑑

カエデ(モミジ)

カエデはカエデ属の落葉高木の総称で、名前は深い切れ込みのある葉形がカエルの手に似ていること(蛙手)に由来します。園芸が発達した江戸時代にはカエデの葉の形や色の変化が鑑賞対象となり、多くの園芸品種が生まれています。
ペペロミア・アスペルラの育て方

育て方

ペペロミア・アスペルラの育て方

ペペロミア・アスペルラはペルーを原産とする夏型の多肉植物で、部分により緑の濃淡が異なって見える、中央が窪んだ形の多肉質な葉が特徴です。ペペロミア・アスペルラの育て方をご紹介します。