植物図鑑・育て方

花・観葉植物・多肉植物・野菜などさまざまな植物の育て方、栽培方法をまとめています。

アベリア ハナゾノツクバネウツギ

育て方

アベリア(ハナツクバネウツギ)

アベリア(ハナツクバネウツギ)は、根本から分岐し頑強な性質で寒さに強く強剪定にも耐えるため、道路沿いや公園などの生け垣によく植栽されています。春~秋の長期に渡って可愛らしい鐘形の白い花を咲かせます。
カエデ(モミジ)

育て方

カエデ(モミジ)の育て方

カエデはカエデ属の落葉高木の総称で、名前は深い切れ込みのある葉形がカエルの手に似ていること(蛙手)に由来します。園芸が発達した江戸時代にはカエデの葉の形や色の変化が鑑賞対象となり、多くの園芸品種が生まれています。
水仙

植物図鑑

スイセン(水仙)

スイセン(水仙)はイベリア半島・北アフリカなど地中海沿岸を原産とする多年草で、冬から春にかけて白や黄色の花を咲かせます。
ティランジア ウスネオイデス

植物図鑑

ウスネオイデス

ウスネオイデスは木の枝などに垂れ下がる着生植物で、パイナップル科のティランジア(エアプランツ)の一種です。根付いて固着するのではなく木の枝などに「引っかかっている」状態のまま生育するユニークな生態の植物です。
ゼニゴケ

植物図鑑

ゼニゴケ

ゼニゴケは世界中に分布し日本全国で繁茂する、最も目にすることの多い苔の一つ。日陰や家の北側などじめじめした環境を好み、地面にへばり付くように広がります。
プリムラ・ジュリアン

植物図鑑

プリムラ・ポリアンサ(ジュリアン)

プリムラ・ポリアンサはヨーロッパを原産とするプリムラをかけ合わせ開発された古典品種です。ジュリアンはサカタのタネの草野総一氏がポリアンサとジュリアエを交配させたもので、小輪・多花のため寄植えに好んで用いられます。
ツワブキ

植物図鑑

ツワブキ

ツワブキはキク科ツワブキ属に属する常緑多年草で、日本や中国南部、台湾、朝鮮半島などに自生しています。耐寒性があり真冬でも葉を落とすことがなく、10 月の終わりから 12 月にかけて黄色い花を咲かせます。
ススキ

植物図鑑

ススキ

ススキは日本全国の野原や道端に自生する多年生の宿根草で、花穂が動物の尾に似ていることから「尾花」とも呼ばれる秋の七草の一つです。
植物図鑑

植物図鑑

センブリ

センブリはリンドウ科の二年草で、日本のほか中国・朝鮮半島に自生しています。胃に効能がある生薬として使われていますが、強い苦味があるため最も苦い生薬と言われています。
植物図鑑

植物図鑑

ノコンギク

ノコンギクはキク科シオン属の多年草。秋に咲く野菊の一種で、8〜11 月にかけて直径 2.5 cm ほどの花を咲かせます。日本の東北から九州まで広く分布し、野山や道路脇など様々な場所に自生しています。
エンセファラルトス・プリンセプス

植物図鑑

エンセファラルトス・プリンセプス

南アフリカを原産とするエンセファラルトス・プリンセプス。近年個体数が減少しておりレッドリストの絶滅危惧種として記載されています。銀緑色の美しい葉は観賞価値が高く、他のエンセファラルトスと同様に園芸的な人気を集めています。
シュロ

植物図鑑

シュロ

シュロはヤシ科シュロ属の総称、またはワジュロを指していう場合があります。幹は垂直に伸び高さ 10m 直径 15cm ほどに成長します。ヤシ科の中でも特に耐寒性があり、一部の北海道を含む全国での植栽が可能なほどです。
クチナシの育て方

育て方

クチナシの育て方

6~7 月頃に強い芳香を伴う大型の 6 弁花を咲かせるクチナシ。花は白からクリームへと変化し、秋には漢方薬の山梔子(さんしし)の原料となる実を結実します。庭木としても人気の高いクチナシの育て方を紹介します。
シロタエギク

植物図鑑

シロタエギク

シロタエギクは地中海の海岸地帯を原産とするキク科の耐寒性多年草でシルバーリーフの代表的な植物です。葉や茎は白い毛に覆われており白銀色に見え、彩りの少ない冬の花壇を明るくしてくれます。
温州みかん

植物図鑑

ミカン

ミカンはミカン科の常緑低木。柑橘類を代表する品種で、冬に収穫される果実は美味な上にビタミンCが豊富に含まれ食べやすく、果物としてはバナナ・りんごに次ぐ国内消費量を誇ります。
アリッサム

植物図鑑

アリッサム(スイートアリッサム)

アリッサム(スイートアリッサム)はアブラナ科ロブラリア属の一年草で、冬に白色の小花が密集して咲きます。単体では目立たない花ですがパンジーやガーデンシクラメンなど冬の寄植えの引き立て役として活躍します。
ヤマモモ

植物図鑑

ヤマモモ

ヤマモモはヤマモモ科ヤマモモ属の常緑樹で、公園樹や街路樹として利用されます。夏に結実する実は赤くライチのように表面に粒状の突起があり、甘酸っぱくそのまま食べたりジャムやリキュールに用いられます。
アカンサス(ハアザミ)

植物図鑑

アカンサス

アカンサス(ハアザミ)は地中海沿岸を原産とする常緑多年草で光沢ある大きな葉が特徴。古くから生命力のシンボルとされ、葉や花をモチーフとしたアカンサス文様は古代ギリシア・ローマ時代の建築や工芸品の装飾に用いられてきました。
ポインセチアの育て方

植物図鑑

ポインセチア

ポインセチアはクリスマスシーズンを彩るユーフォルビア属の常緑性低木。赤く色づく部分は花ではなく花芽を包む葉(苞葉)であり、葉の中央に黄色い小さな花を咲かせます。