植物図鑑・育て方

花・観葉植物・多肉植物・野菜などさまざまな植物の育て方、栽培方法をまとめています。

トウダイグサ(燈台草)

植物図鑑

トウダイグサ

トウダイグサはトウダイグサ科の一年草(越年草)。日当たりのよい道端などに生える雑草で、草丈は 20 〜 30 cmほど。和名の「燈台」は油を入れたお皿に火を灯す昔の照明器具に形が似ていることから。
ツタバウンラン

植物図鑑

ツタバウンラン

ツタバウンランはヨーロッパを原産とするオオバコ科の常緑多年草で、日本には大正時代に持ち込まれ帰化しました。耐寒性があり繁殖力に優れ、道路脇や石垣の間にもつるを伸ばし繁殖するのでロックガーデンにも向きます。
ヒメオドリコソウ(姫踊り子草)

植物図鑑

ヒメオドリコソウ

ヒメオドリコソウはヨーロッパを原産とするシソ科の一年草(越年草)。秋に発芽して翌年の 3〜5 月頃にピンク色の唇形花(筒状の花弁の先端が唇のように上下に分かれた形態)を咲かせます。
アセビ pieris japonica

植物図鑑

アセビ

アセビは日本に自生するツツジ科の常緑低木で、早春にスズランに似た白い釣鐘型の花を鈴なりに咲かせます。庭木や公園樹として広く植栽されています。
ネモフィラ

育て方

ネモフィラ

ネモフィラはムラサキ科ネモフィラ属の耐寒性一年草。草丈は 20 cmほど、茎は横にこんもりと広がるほふく性なので、花壇の縁取りやグラウンドカバー、ハンギングバスケットに垂れるように植えるのに向いています。
ボケ

植物図鑑

ボケ

ボケはバラ科ボケ属の落葉低木で、中国を原産とし平安時代に日本へ渡来し観賞用に栽培された帰化植物です。耐寒性・耐暑性に優れ、沖縄から北海道南部まで栽培することが出来ます。
カンヒザクラ(寒緋桜)

育て方

カンヒザクラ

カンヒザクラは日本や台湾、中国南部に自生するサクラの原種の一つで 1 月から 3 月に釣り鐘状のピンク色の花を咲かせます。
植物図鑑

植物図鑑

アケビ

つるを周囲の樹木などに巻きつけて登っていくアケビ。4〜5 月に蔓からぶら下がるように下向きに花を咲かせます。花弁に見えるのは 3 枚のがく片であり、花弁はありません。
オオイヌノフグリ

植物図鑑

オオイヌノフグリ

オオイヌノフグリはヨーロッパ原産の帰化植物。秋に芽を出し、冬の間に生長して早春に多数の花をつけ、春の終わりに枯れる一年草です。
ホトケノザ(仏の座)

植物図鑑

ホトケノザ

ホトケノザはシソ科オドリコソウ属の一年草(越年草)。秋に発芽して翌年の春から初夏にかけて紫色の唇形花(筒状の花弁の先端が唇のように上下に分かれた形)を咲かせます。
ムスカリ

植物図鑑

ムスカリ

ムスカリはキジカクシ科の球根植物で、3 月から 5 月にかけてつぼ型の青紫色の花を房状に咲かせます。ぶどうの房のように見えることからグレープヒヤシンスという英名が付けられています。
コブシ(辛夷)

植物図鑑

コブシ

コブシは日本原産のモクレン科の落葉性の高木で、春先に白い花を咲かせます。春の季語。
タンポポ キク科

植物図鑑

タンポポ

タンポポはキク科の多年草で、春に咲く代表的な植物のひとつです。生命力が強く、道端のコンクリートの間やアスファルトの割れ目などわずかな空間にも根付くことができます。
ジャノヒゲ(蛇の髭)

植物図鑑

ジャノヒゲ

ジャノヒゲはキジカクシ科の常緑性の多年草。別名リュウノヒゲ(竜の髯)とも。秋から翌春にかけて熟す鮮やかなコバルトブルーの実は「龍の玉」と呼ばれ、冬の季語でもあります。
植物図鑑

育て方

ヒイラギナンテン

ヒイラギナンテンは常緑性のメギ科の低木で、春先に房状の黄色い小さな花を咲かせます。ヒイラギの葉に似た鋸歯のある葉が特徴です。
コーヒーノキ

育て方

コーヒーノキの育て方〜濃い緑の葉と赤い果実が美しい

コーヒーノキはコーヒー豆収穫のため、コーヒー・ベルトと呼ばれる熱帯地域の農園で多く栽培されています。常緑の深い緑のコーヒーノキはその外観の美しさと育てやすさから、室内で観葉植物としても栽培されます。
エスコバリア

植物図鑑

エスコバリア

エスコバリア属は北米・メキシコなどを原産とする小型のサボテンで、流通量の少ないマイナーなサボテンです。直径 1〜5 cm ほどの個体が密集して群生するエスコバリア レーイなどが知られています。
植物図鑑

植物図鑑

キキョウ

キキョウはキキョウ科の多年生植物。秋の七草のひとつですが、花は夏から初秋にかけて開花します。日本全国の日当たりの良い山野・草原に広く分布していましたが、現在では生育環境が失われ絶命危惧種に指定されています。
植物図鑑

植物図鑑

ヘリコニア

ヘリコニアはオウムバナ科の熱帯植物。多くはコロンビアやエクアドルなど南アメリカを原産としますが、インドネシア マルク諸島など東南アジアの固有種も存在します。