実生株

パキポディウム・グラキリスの実生記録まとめ

数あるパキポディウムの中でも、その丸々と膨らんだ愛嬌ある形状から人気を集めているグラキリス(Pachypodium rosulatum var. gracilius 和名:象牙宮)。

昨今のビザールプランツブームで現地球(自生地マダガスカルで成長した株のこと)が大量に輸入されていますが、種子から育ててみるというのはいかがでしょうか?

特別な温室などのない一般家庭の環境におけるグラキリスの実生記録をまとめました。これから実生に挑戦してみたい、という方は是非ご参考にしてください。

パキポディウム・グラキリスの実生記録 2016年4月~

2016 年の 4 月にグラキリスの種子を10 粒購入したところから実生記録を開始。マダガスカルに自生する植物を、日本の特別な栽培環境もない一般家庭で栽培できるか試してみたいという好奇心から始めました。

パキポディウム グラキリス実生
パキポディウム・グラキリスの実生記録 1 – 2016年4月
パキポディウム・グラキリス(和名:象牙宮) は幹の丸々と膨らんだ愛嬌ある形状から、近年特に人気のある塊根植物です。 幹幅がおよそ 20cm を超えていれば ...

初回は、パキポディウムの種子の入手方法から播種の手順、用いた用土をご紹介しています。

グラキリス実生
パキポディウム・グラキリスの実生記録 2 – 2016年5月
統計開始以来最高の暑さを記録した5月 東京都心の 5 月の平均気温は 21.1 度で、過去 30 年間の平年値と比較すると 2.9 度高いものでした。 ...

10 蒔いた種子のうち 6 つが発芽、播種から 1 ヶ月後まで。双葉のあとの本葉が生え始めています。5 月の平均気温は 20 度前後とまだ肌寒く日照時間も短いため、日中は屋外で夜は室内で植物育成ライトを当てていました。

パキポディウム・グラキリス実生
パキポディウム・グラキリスの実生記録 3 – 2016年6月
パキポディウム・グラキリスの実生が 3 ヶ月目に入りました。6 月に入り腰水を止めてからは日照時間を多く取る以外に気をかけていませんが、発芽した 6 体ともに枯 ...

パキポディウム・グラキリスの実生記録
パキポディウム・グラキリスの実生記録 4 – 2016年7月
4月末に蒔いたパキポディウム・グラキリスの実生記録の 4 回目です。今回は7月末まで、種蒔きから約100日を迎えたグラキリスの栽培状況になります。 ...

パキポディウム・グラキリスの実生
パキポディウム・グラキリスの実生記録 5 – 2016年8月
4月末に蒔いたパキポディウム・グラキリスの実生記録の 5 回目です。4ヶ月が経ち、発芽した 6 株すべてが無事?成長していますが、見るたびに何故こんな ...

6〜8 月はとにかく可能な限り日光に当てることに苦心。30 度半ばの猛暑日に直射日光に晒しても発芽した 6 株すべてが葉焼けを起こすこともなく成長。しかし縦に伸びるばかりで、一向に丸くならないことに悩み続けました。

パキポディウム・グラキリスの実生記録 2016年10月
パキポディウム・グラキリスの実生記録 6 – 2016年9月
4月末に蒔いたパキポディウム・グラキリスの実生記録の 6 回目、9〜10 月の様子です。 栽培環境は都内マンションの南向きベランダです。温室はなく ...

夏の終わりには幹も膨らみを見せ、個体差もはっきりとしてきました。10 月に入り気温が下がり始めると、葉が黄色く変色し落葉する株が見られました。

パキポディウム・グラキリスの実生
パキポディウム・グラキリスの実生記録 7 – 250日目
4月末にパキポディウム・グラキリスの種子を蒔いてから 250 日が経過しました。今回で 7 回目となる自宅栽培の記録です。 日中も部屋に取り込むよ ...

2016 年の年末まで。一時は落葉した 1 年目のグラキリス達でしたが、室内に取り込み西日を浴びさせると葉が生え揃ってすくすくと成長。夏は縦に伸びるばかりだったものが、秋以降は徐々に幹が太り始めるように。

パキポディウム・グラキリスの実生記録 2017年

グラキリスの実生 2 年目。6 株が冬を越すことができましたが、不手際もあり 3 株が脱落。1 年目はひょろひょろに育ったため、やはり都内ベランダでの栽培は難しいのか・・・と考えていたところ、夏から幹が太くなり始めグラキリスらしさが出てきました。

パキポディウム・グラキリスの実生
パキポディウム・グラキリスの実生記録 8 – 300日目
種子を昨年 4 月に蒔いてから 300 日目となるパキポディウム・グラキリスの実生記録です。 11 月に葉を大分落としたものの、室内に取り込んでか ...

2 月、真冬の時期でも室内管理で葉を落とすことはありませんでした。冬の間もわずかに成長を見せたものの、冬眠せず日照が不足した状態ではより細くなってしまわかないかと気を揉みました。

パキポディウム グラキリス 黒斑病
パキポディウム・グラキリスの実生記録 9 – 400日目、斑点性病害・カイガラムシの発生と植替え
2016年4月末に蒔いたパキポディウム・グラキリスの実生も2年目を迎えました。今回は400日目までの記録です。 5月に斑点性の病害があり多くの株が ...

6 株全部が越冬できたものの、5 月になり一番ひ弱だった株の根元が腐り脱落。残った株も葉が黒ずみ落ちたり、暖かくなったことでカイガラムシが発生したりと試練を迎えます。

また、播種した当初からのさし芽種まきの土」をやめて小粒の赤玉土を主体に、軽石などを混ぜた水はけの良い用土へと全株植え替えを行いました。

パキポディウム・グラキリスの実生記録
パキポディウム・グラキリスの実生記録 10 – 600日目、2株脱落と冬場の成長
2016年4月末に蒔いたパキポディウム・グラキリスの 600 日目までの実生記録です。 発芽した 6 株のうち 1 株が今年 5 月に脱落、更に ...

夏・秋と順調に太ってきたグラキリスの実生株。2 年目ということもあり冬も今年は余裕だろうと思ったところ、管理の不手際があり簡易温室内で 2 株を腐らせてしまいます。あまりに湿度が高い中、水やりをして放置したことが原因だと思います。

残りは 3 株になってしまいましたが、特に 1 つ有望な樹形になりつつあり、ベランダの実生でもここまでできるのだという充実感があります。

パキポディウム・グラキリスの実生記録 2018年

パキポディウム・グラキリスの実生記録 花芽の形成
パキポディウム・グラキリスの実生記録 11 – 840日目、花芽の形成
2016年4月末に蒔いたパキポディウム・グラキリスの大体 840 日経過時点の実生記録です。 栽培中の 3 株のうち 1 株が花芽を形成しましたが ...

3 年目にして、1 つの株から花芽が出ました。株の体力を使って欲しくないので、花芽は切除してしまいましたが順調さを感じる出来事です。

※本記事は随時更新します