モクビャッコウ

モクビャッコウ

目次

モクビャッコウの基本情報

モクビャッコウの写真

和名 モクビャッコウ(木百紅) 学名 Crossostephium chinense
分類キク科モクビャッコウ属
自生地中国、台湾、日本(九州以南)

モクビャッコウは葉の表面に細かい毛が密生する美しいシルバーリーフが特徴の、常緑性の小低木です。海岸沿いの日当たりのよい隆起サンゴの岩場などに自生し、日本では九州南部や沖縄に生息しています。

近年は園芸目的で乱獲されたり、護岸工事のため個体数が減少しており絶滅危惧Ⅱ類 (VU)に登録されています。その反面、シルバーリーフの園芸人気が高く園芸店で見かけることも少なくありません。

モクビャッコウを楽天で購入する

オンラインショップで販売されているモクビャッコウの商品ページです。
※外部サイトに移動します

モクビャッコウの育て方・栽培方法を植物専門ポータル「BOTANIQUE(ボタニーク)」でチェックしましょう。花・観葉植物・多肉植物・サボテンなど植物の育て方を紹介しています。