ツワブキ

ツワブキ

目次

ツワブキの基本情報

ツワブキの写真

  • 斑入りツワブキ

    斑入りツワブキ(東京都世田谷区)

  • 斑入りツワブキの花、蕾

    斑入りツワブキの花、蕾(東京都世田谷区)

  • ツワブキ 浮雲錦

  • ツワブキ 浮雲錦

和名 ツワブキ(石蕗)、イシブキ 学名 Farfugium japonicum
分類キク科ツワブキ属
販売時期通年生育期間多年草
自生地日本、中国南東部、台湾、朝鮮半島
特徴常緑性

ツワブキはキク科ツワブキ属に属する常緑多年草で、日本や中国南部、台湾、朝鮮半島などに自生しています。

耐寒性があり真冬でも葉を落とすことがなく、10 月の終わりから 12 月にかけて黄色い花を咲かせます。日陰でもよく育つため、ハツユキカズラやヤブランなどどともに庭園の下草として重宝されます。

九州や沖縄などの一部地域において葉柄が食用とされますが、キク科やムラサキ科に見られるピロリジジンアルカロイドという天然毒素を含むため、茹でこぼしや水さらしなどの灰汁抜きが必要です。

ツワブキの品種

浮雲錦 – うきぐもにしき

ツワブキ 浮雲錦

ツワブキ 浮雲錦

常緑性で、年間を通し白斑入りの葉を楽しめるツワブキの代表的な品種です。古くからある品種で、日陰エリアでも栽培が可能なため暗くなりがちな庭の隅を明るくしてくれます。

葉が斑入りとなり様々な表情を見せることを「葉芸」と呼び、品種によっては真っ白な葉を出すものも。ただし葉の白い部分には葉緑体がなく光合成を行えないため、斑入り品種であっても花を咲かせる前などは栄養を蓄えるために緑の葉を多く出すことがあります。

ツワブキを楽天で購入する

オンラインショップで販売されているツワブキの商品ページです。
※外部サイトに移動します

ツワブキの育て方・栽培方法を植物専門ポータル「BOTANIQUE(ボタニーク)」でチェックしましょう。花・観葉植物・多肉植物・サボテンなど植物の育て方を紹介しています。