水仙

スイセン(水仙)

目次

スイセンの基本情報

スイセンの写真

和名 スイセン(水仙) 学名 Narcissus
分類ヒガンバナ科 スイセン属
販売時期生育期間多年草
自生地地中海沿岸、北アフリカ

スイセン(水仙)はイベリア半島・北アフリカなど地中海沿岸を原産とする多年草で、冬から春にかけて白や黄色の花を咲かせます。

ニラそっくりな水仙の葉

葉が食用のニラに似ていますが、スイセンの葉には強い毒性がありニラと水仙を誤認して食べてしまい食中毒になる事例が多数報告されています。スイセンにはニラのような強い匂いがないため、匂いによって判別できます。

スイセンの品種

ガリル

水仙 ガリル

水仙 ガリル

純白の花が可憐な房咲き(タゼッタ)水仙の「ガリル」、早咲き品種で花期は 11 月から 3 月頃まで。

ニホンズイセン

フサザキスイセン

ニホンズイセン(房咲き水仙)

古くから親しまれてきた、最もオーソドックスな房咲きのスイセン。日本各地で野生化した姿を見ることができます。

スイセンを楽天で購入する

オンラインショップで販売されているスイセンの商品ページです。
※外部サイトに移動します

スイセンの育て方・栽培方法を植物専門ポータル「BOTANIQUE(ボタニーク)」でチェックしましょう。花・観葉植物・多肉植物・サボテンなど植物の育て方を紹介しています。