カーネーションの育て方

カーネーション〜母への感謝を象徴する花

目次

カーネーションの基本情報

和名 オランダナデシコ(和蘭撫子) 学名 Dianthus caryophyllus L.
分類ナデシコ科ナデシコ属
販売時期通年生育期間多年草
自生地南ヨーロッパ、西アジア
特徴常緑性、香りがある

カーネーションは母の日にプレゼントとして贈る花として、また年間を通してフラワーアレンジやブーケなどに利用されることの多い花です。花色が豊富で品種も多く、フリルのように波打つ花びらが重なり合う、優雅かつ可憐な花は世界中で愛されてきました。

原産は南ヨーロッパおよび西アジアの地中海沿岸といわれています。16 世紀初頭から品種改良が進められ、特に 17 世紀以降のオランダ・イギリス、19 世紀のフランスにおいて現代に繋がる多くの園芸品種が誕生しました。現代でも多くの新種が開発されており、農林水産省に品種登録されている品種は約 3500 品種に上ります。大きく分けると花径 4~5cm の大輪タイプと、小輪のミニカーネーションと呼ばれるタイプがあります。

カーネーションの花言葉

赤いカーネーション

「母への愛」

ピンクのカーネーション

「女性の愛」

白いカーネーション

「亡き母をしのぶ」「純粋な愛」

黄色いカーネーション

「軽蔑」

カーネーションについての雑学

  • 母の日のにカーネーションを贈る習慣は、1907 年にアメリカ西バージニア州の教師をしていたアンナ・ジャービスという女性が亡くなった母の命日の追悼式にて、花言葉が「亡き母をしのぶ」である白いカーネーションを配ったことが始まりとされます。以後、母の墓前に白いカーネーションを、健在の場合は赤いカーネーションを贈る習慣が広まったといいます。
  • 西洋ではカーネーションは十字架にはりつけられるキリストを見送った聖母マリアの目からこぼれた涙の跡から生えた花と言われており、母性愛の象徴とされています。
  • 本来カーネーションには青色色素が存在しませんでしたが、1995 年に日本のサントリーフラワーズとオーストラリアの企業は遺伝子組換え技術によって世界初の青紫色のカーネーション「ムーンダスト」を作出しました。ムーンダストの花言葉は「永遠の幸福」です。
  • カーネーションはスペイン、モナコ公国、ホンジュラスの国花です。

カーネーションを楽天で購入する

オンラインショップで販売されているカーネーションの商品ページです。
※外部サイトに移動します

カーネーションの育て方・栽培方法を植物専門ポータル「BOTANIQUE(ボタニーク)」でチェックしましょう。花・観葉植物・多肉植物・サボテンなど植物の育て方を紹介しています。